はじめて土地探しをされる時のポイント

はじめての土地探し

初めて土地を探す際はある程度、ご自身でも不動産の知識を身に付ける必要があります。
土地を探すにあたっては、下記の項目をチェックすることが【成功のコツ】です。

1.信頼できる不動産仲介会社選びは、分野別の豊富な経験知に注目

土地を購入しようと考えたとき、誰しも考えることは『できるだけたくさんの不動産仲介業者に声をかけると大量の土地情報が集まるから、そのなかから自分の気に入る物件を選べばいい』という考え方。
ただし、土地をはじめとする不動産については、この常識が通用しません。

土地などの【不動産情報】については、実は『集まる物件情報は同じで、多くの営業担当が集まってくるだけ』なのです。
このカラクリは、全国の不動産仲介会社が共有している不動産会社専用の物件情報データベースがあり、不動産市場に出回っている物件の9割以上の情報は不動産仲介会社が共有しているからなのです。
したがって、多くの不動産仲介会社に声をかけたとしても、実は各不動産仲介会社が利用する情報は一緒なのです。

つまり、信頼できる不動産仲介会社を探すことが目標となります。
その候補として、土地、マンション、中古戸建を数多く手がけている【不動産のなかでも、経験豊富な強い分野を持った不動産仲介会社】が、信頼できる不動産仲介会社を選ぶコツとなります。

弊社は長年の経験と実績より、お客様と売り主様の双方と良き間柄になれるよう心がけております。

2.土地選びの優先順位は3つまで

多大な時間と労力をかけても、なかなか気に入った土地が見つからない。
そして、ついには探し疲れてなんとなく契約。
後から『こんなはずでは!』ということに。

こうしたケースは、希望条件の優先順位がしっかりできていないほどありがちです。
不動産価格とは株価やネットオークションと同様、あくまで相対価格で決まるものなのです。

よって、物件相場には必ず意味があり、相場より高いか安い理由とは、すなわちその物件に何らかのメリット・デメリットがあるからなのです。
つまり、同じ予算で探す限り、自分のすべての希望が叶うような土地(夢の土地)とは、まず見つかりません。

よって、土地を探すコツは、ご自身、または自分たち家族が土地に求めているものをただ羅列するだけではなく、それぞれの項目に優先順位をつけてから、それぞれの土地のメリット・デメリットを見極めていくことが大切なのです。

これが、失敗しない土地探しの重要ポイント。
この優先順位は最大3つまで
それ以上あると、良い土地に出会っても躊躇してしまうことになり、いざ、不動産仲介会社に声をかけたとき『しまった!他のひとに先を越されてしまった!』ということになりかねません。

現地をみながらご家族みんなで話し合い、最終的な土地探しの優先順位をしっかり把握しておきましょう。

3.資金計画は、具体的な表にまとめておく

最初にして最大のポイント、それは【資金計画】です。

住宅ローンの支払いは長期間にわたるうえ、毎月の支出のなかでもかなりの割合を占めるようになります。
したがって、将来的な収支バランスを検証してから、無理のない資金計画のなかで購入できる土地を購入する必要があるのです。
それには、ライフプラン(生涯計画)、ライフイベント(子どもの誕生・就学・・就職・結婚・出産・子育て・教育・リタイア・伴侶の死など)をできる限り細かく想定した表をつくり、各ライフイベントに必要な資金を算出。
将来、大学入学や運転免許の取得など教育費の支出が一気に増える時期など、もっとも支出額が多くなる時期でも、住宅ローンの支払いが大きく家計を圧迫しないかどうか確認します。

この表をつくることで、計画通りの予算で進めてよいのか、購入時期や予算を見直したほうが良いのか判断できます。
ライフプランに基づいた資金のシミュレーションを行うことで、20年後・30年後の資産残高や老後の資金をどのぐらい残せるかといった、ほぼ一生分の生活設計の検証ができます。

このように長期的な資金計画を立てておけば、将来にわたっての資金面の不安を払拭。
安心して物件探しに取り組むことができます。

さらに、ライフプランを見直すことで、自分たちが建てたい住まいはどんなものになる将来に備えてどんな仕様にしておくと良いのか、住まいのメンテナンスにかかる費用と教育費や自動車購入といった大きな負担をどう分散(リスクヘッジ)するか、など住宅購入による生活設計への影響を知る大きなヒントになります。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

Scroll to top
Fudousan Plugin Ver.1.9.7